Skip to content

人間ドックは身体の負担や経済負担を軽減できます

病気の種類によっては自覚症状が出ないために、早期の段階で自分自身では気づくことが難しいものもあります。今まで元気だったにも関わらず、突然倒れてしまうがんのような重篤な症状を発症してしまう可能性もあります。重篤な病気を中心に早期に発見することに有効な手段として、人間ドックを受診することが知られています。人間ドックは受診する段階において病気の症状が現れていない人が、病気を早期に発見することで治療につなげることが目的となります。

人間ドックによって、身体の内部の多岐の項目において詳細な検査を行うことが可能となりますので、様々な種類の病気を発見できる効果があります。一方で、がん検診や糖尿病検診のような検査は、特定の病気を重点的に発見するために受診することが一般的と言える検査になります。病気の早期発見が可能になると、その分だけ治癒率を高めることができますので救命の効果があります。乳がんの場合では、早期発見ができることによって、90%以上の確率で治癒が可能であると言われています。

乳がん検診を受診したときにはマンモグラフィ検査というX線を使用する検査を受けることになって、それによって死亡率を引き下げることが可能になります。人間ドックを受診するメリットとしては、病気の早期発見ができることによって、軽い治療方法で治すことができる点が挙げられます。がんなどが発見されたときには、手術や放射線治療が必要になったり、抗がん剤やホルモン剤、分子標的治療薬の投与が必要になりますので、身体の負担が大きくなりますし、費用も高額になることが予想されます。症状が小さいうちに発見することができれば、完治のための治療法としても軽度なものとなりますので、身体の負担や経済的な負担を軽減させることができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です