Skip to content

がん検診の大腸内視鏡検査を楽にする方法

がんはなかなか治らないものです。また、治っても再発を防止するための、なかなかがん検診とは離れることはできません。その分、患者さんにとって、定期的に行うがん検診は、結構つらいと感じることが多いのではないでしょうか。その一つに、大腸がんの場合の、内視鏡検査があります。

なかなか知られていないことですが、大腸がんの内視鏡検査に限って、直前の処置があります。どんな処置かといいますと、大腸内視鏡検査の当日、病院またはご家庭で、下剤を溶かした2リットルの溶液を飲むことです。これが、病弱の体に量が多い上に下剤ですからまずく、一番の問題は、初回はよいのですが、何度もがん検診のために定期的にその処置を受けているうちに、その下剤を脳が受け付けなくなることがあります。見ただけで吐いてしまう。

それでも飲まなければならない。それが一番つらいのです。脳が記憶してしまっているために拒否反応が起こります。それを解消するためのとても便利な方法があります。

それは、検査が決まった日に、即、検査を説明するの看護師に上記の拒否反応を相談しに行くことです。そして、「マグコロールにしてください。」といってみてください。すると、飲みにくかった今までの下剤に対して、もっと楽な下剤の溶液に変えてくれます。

マグコロールは、クエン酸を溶かした液で、昔よりもだいぶ改良されているため、レモン水を飲むようなものです。「なぜ最初からこんな飲みやすいものにしてくれなかったのだろうか」と思うほど簡単に飲めて、全体量も1.8リットルと少し減ります。がん検診とは、上手に付き合って、長く、幸せな日々を手に入れましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です