Skip to content

がん検診を受けることの重要性

がん検診を受ける事は、命に係わる危険な病気を早期発見し、早期治療を行うためにとても重要です。がんの場合は早期発見することで5年生存率が高くなり、再発リスクを下げ完治を目指せます。体内に発生するがんの内、ほとんどの悪性腫瘍が痛みや違和感などの初期症状を伴いません。膵臓や肝臓の場合は痛みを感じる神経がないため、自覚症状が現れた時には病期がステージⅣと診断されてしまう事があります。

日本の食生活が欧米化に進み、ジャンクフードや外食をする回数が多くなるにつれがん患者が増加しています。二十代や三十代にも患者が増えていて、若年性のがん患者が目立つようになりました。若年性のガンは進行が早いのが特徴で、異変を感じないとがん検診に行かない人が多いため病気が進行してからの発見が増えています。がん検診を定期的にうけることによって、小さな段階で病変を発見し、早期治療を開始することで治療方法の幅も広がり、治療で体にかかる負担も軽くなります。

がん検診を受ける頻度としては、二十歳を超えたら定期的に受診するようにし、過去の病歴や生活習慣などを考慮し、一年に一度か二年に一度受診するのが良いです。男性特有の前立腺がんに特化した検査や、女性特有の乳がんや子宮頸がん、卵巣がんに特化した検査が有るので、必要に応じて検診項目に追加することができます。がん検診を受診し、病気を早期発見し治療をすることによって助かる命が多くあります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です