Skip to content

勇気をもって受けるがん検診

知らないことを知るというのは勇気がいります。それはがん検診でも同じことであり、自分ががんの可能性を探るというのは恐怖を感じる瞬間になるでしょう。がん治療において重要なのは、早期発見そして治療になります。早く見つけてそして治療を開始することが完治するには欠かせない条件です。

そのためにも見つけるための環境を作ることが重要になります。がんの可能性を探るというのは、早期治療において欠かせない条件になりますが、いざ本当に自分ががんであることを知る心の準備ができていない人が多いことで、その時が訪れたときに混乱を生んでしまうこともあります。しかし早期に治療することで治る可能性が高いということを忘れずにいることで、がん検診はそれほど怖くないものだという解釈することもできるでしょう。早く見つけることができれば、深刻な問題にはならないという心構えを持つことで、がん検診が怖いものではなくなることもあります。

検診を受ける前に、もし最悪のことが起きても大丈夫という強い気持ちを持つことで今日に打ち勝って検診を受けることもできるはずです。またがん検診で、精密検査の必要ありと診断された人は精密検査を受けてがんを否定されるということもよくあります。よって検診で異常があると判断されても、落ち込む必要はありません。後で笑い話になるということも良くある話です。

大切なのは、受けることで自分の状態を知ることです。できる限り1年に1回は健診を受けるようにしましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です