Skip to content

ストレスチェック制度とは

厚生労働省の調べによると仕事関連のことが原因で自殺する人は年間2000人以上、これは全自殺者の約一割に上ります。職場におけるメンタルヘルスの改善が急務となり施行されたのがストレスチェック制度です。これは従業員が50人以上の事業所に義務付けられた制度で、とりあえず2016年11月までに1回は実施することを目指し、正式には2017年度12月1日に労働安全法の一部改正を受け施行されました。労働者の心の健康の保持増進のための指針としてあげられています。

国が推奨する方法は57項目の質問に対して各個人が4段階で答えるというものです。結果、高ストレス者と判断された人は本人が望めば産業医等の面接指導を受けられます。必要に応じて、配置転換や残業の削減などの措置がとられることになります。ストレスチェックの結果は各個人に通知され、許可なく事業所に報告されることはありません。

実施者(チェック表の回収、分析などを行う人)は特定の研修を受けた産業医や看護師、精神保健福祉士などがあたり、結果は労働基準監督署に報告されることになります。ストレスチェックは外部の業者に依頼するという方法もあります。労働者個人個人が自分の精神状態に気づき、うつ状態になったり精神のバランスを崩していることを早期に発見することを目的としています。その結果として健全な状態で日々の業務にあたり、うつ病の発症や自殺を防止することを目指しています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です