Skip to content

ストレスチェックについて

ストレス社会と呼ばれる現代社会において、多くの人が知らず知らずのうちにストレスを重ねてしまいがちです。そして、いつの間にか不眠となったり、気分の落ち込みが強まったりしてしまいます。これをそのままにしておくと、うつ病になり、自殺に至る可能性もないとは言えません。しかしながら、血圧や血糖値のように数値で測ることのできないストレスをどのようにしてストレスチェックをするのでしょうか。

基本的にストレスチェックは精神科の病院やメンタルクリニックで、精神科医や臨床心理士によって行われます。勿論、血液を採取してストレスチェックを行うわけではありません。ストレスの具体的なチェック方法としては、まず、ICD10という世界共通の診断基準があり、それに沿って精神科医が診断を下します。おおよその場合、不眠や極端な気分の落ち込みが2週間以上続けば、ストレスが蓄積し、うつ病の可能性があると見なされます。

この他のストレスチェック方法としては臨床心理士による心理検査があります。心理検査と言っても特別なことはせず、SDSという質問紙法でチェックしたり、もう少し詳細に見たい場合にはロールシャッハテストと呼ばれるインクのシミが何に見えるかで深層心理を探る検査を行う場合もあります。いずれにしてもストレスチェックも早期発見早期治療が基本であるため、もし、不眠や気分の落ち込みが多くなってきたり、続いているようなら早めのチェックを受けてみてはいかがでしょうか。離煙パイプのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です