Skip to content

ストレスチェックで簡易診断

近年、厚生労働省の主導で導入されたストレスチェックという制度は、各々の従業員が仕事上で抱えるストレスを簡易的に診断するためのものです。日々強いストレスを受け続けながら仕事をしていると、心身が疲れきってしまって体に不調が生じ、場合によっては、休職や長期療養を余儀なくされる場合もあります。そこで、そのような状況に陥る前に、どの程度のストレスを抱えているのかを定期的に診断しようというのがストレスチェックです。ストレスチェックでは、ストレス診断のために質問票を使用します。

この質問票には、仕事に関する設問がずらりと並んでいます。その種類は、現在抱えている仕事の量や仕事に対する熱意の有無、職場の人たちとの人間関係など多岐に及びます。チェック対象となる従業員は、自分の現在の仕事状況を考えながら各設問に回答していきます。なお、質問票の回答方式は四択形式です。

また、1つの設問の4つの選択肢には、それぞれ1点から4点までの点数が付けられています。回答者がそれぞれの設問について選んだ選択肢の点数を合計すれば、それが現在のストレスを反映した点数となります。つまり、ストレスチェックでは、質問票を用いることで、回答者のストレス状態を点数化することができるのです。この点数化によりストレス診断を簡易的に行うことが可能となります。

具体的には、回答者の点数を、予め定められた基準点数と比較します。その基準点数とどれだけ離れているかによって、回答者が受けているストレスの程度を判断できます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です