Skip to content

ストレスチェックは正直に答えても大丈夫か

「ストレスチェック」は、50人以上の労働者がいる場合、年1回行うことが義務づけられています。これは労働者にストレスに関する質問に答えてもらうことで、今現在労働者にどの程度ストレスがかかっているかを調べるものになります。しかしこの時不安になるのが、正直に答えることで、今後の仕事に影響が出ないかどうかです。確かに、人事に直接関係する人が、労働者それぞれの結果を知ってしまったら、その後の仕事に影響が及ぶ恐れがあります。

そのため、ストレスチェックでは、労働者に対して不利にならないよう、最大限の配慮がされています。まず労働者が回答した質問票は、医師などの実施者か、その補助事務者によって回収されます。この時、人事権に直接関与する人は回答内容を見ることができません。また、ストレスチェックの質問票は医師などの実施者によって評価が下され、結果が通知されます。

この時、結果は封書やメールなどによって本人に通知されます。この時、結果は企業には届かないため、結果を知りたい場合は本人から許可を受ける必要があります。もしストレスチェックの結果、既に強いストレス負荷がかかっていると判断された労働者に対しては、医師による面接指導が行われます。この時、労働者は1か月以内に、企業側に申し出を行わなければいけません。

そして申し出を受けたからといって、企業側は不利な扱いをしてはいけません。また、医師から何か意見があった場合は、それに従う必要があります。このように、ストレスチェックは労働者に対して最大限配慮して行われます。そしてこれは、労働者の現状把握と予防、そして治療につなげるために行われます。

そのため、できるだけ質問票に対しては正直に答えるようにしましょう。離煙パイプのことならこちら

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です