Skip to content

人間ドックで病気を見つける

人間ドックというのは、特に体に異変がなくても、いろいろな項目を受けて体の各部に異常がないかどうかを精密検査などで確認できる健康診断の一つになります。これは、病気が出やすくなる40代以降に受けておきたい検査になります。病気というのは、自覚症状がでやすいものとそうでないものがあります。自覚症状が出ていなくても、中には体内で病気が進行してしまっていることもあるのです。

そういった病気を早い段階で発見して治療を進め、完治につなげることができるように人間ドックというのはあるのです。さらに、検査をきっかけに、病気の予備軍である場合には、食生活に気をつけたり、生活を改めようとしたりするでしょう。このように、人間ドックというのは、それなりに意味のあるものなのです。それでは、どうすれば受けることができるのでしょうか。

まず実施の医療機関を探します。総合病院や一部のクリニック、検診センターなど、近くで探してみましょう。自分の受けたい項目のある医療機関に申し込みをして予約を入れると、問診票や検査キットが送られてきます。そして、検査日が近くなったら準備をするようにします。

検便は数日前でも構いません。検尿は当日の朝に採ります。前日の夜から飲食を控えて、当日も何も摂らずに出向きます。そして、記入した問診票と検体を持参しましょう。

半日や一日、泊りがけの検査などがあります。費用や項目なども医療機関によって異なるので、よく確認しておくといいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です