Skip to content

人間ドックの料金と審査項目の多さ

人間ドックでは、普段調べることができない部分も調べることができて、自分の健康に異常がないかを確認することができます。まずはじめに人間ドックを受けさせてくれる施設に電話で予約をします。いきなり行って人間ドックを受けたいといっても受けることは難しいので、できるだけ早めに電話で予約しておくようにします。また、人間ドックを予約してから数日後には資料が送られてきます。

その中身は、問診表と検便容器、尿検査の一式、喀痰採取容器とそれぞれの説明書などが入っています。問診表に答えた項目は、人間ドックの結果に反映されることになるので、必ずしっかりと書いておくようにします。もしも検査項目以外のことを調べたいというときはオプションということで、追加料金を出して調べることも可能です。検査を受ける前日の夕食は、9時までに摂るようにしておきます。

検査の項目によってですが、食事の種類によっては数値が高くなってしまうものもあります。なので、できるだけ早めに食事を終わらせておくようにするといいです。血糖値や中性脂肪が高くなる可能性があるので、はやめの夕食で食べたものを消化させておく必要があります。また、胃のバリウム検査や腹部エコーで正確な検査ができなくなる、という理由もあるのですが、消化のいいものを口にして、検査が終わるまでは我慢するしかないです。

1泊2日コースと半日コース、政府管掌成人病健診などがあるといいます。脳ドックや心臓ドック、PETコースというものもあるということです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です