Skip to content

人間ドックは若者から高齢者まで受診ができます

日本国は世界一の長寿大国となっていて、自分自身で生活ができる健康寿命と実際の寿命の差としては男性でおよそ6.5年、女性の場合でおよそ9年の差となります。死亡の原因としてはがんと心血管障害、脳血管障害などが主なものとなっていて、糖尿病や脂質異常症、肥満、高血圧などの危険因子を早期に発見してコントロールすることが健康を維持するために大切となります。これらの疾患の要因として考えられているものには運動不足や食生活の問題、たばこやアルコールなどの嗜好品を摂取することによる、生活習慣を原因として年齢とともに病気を発症するリスクが高くなります。人間ドックでは男性や女性、若年層から高齢者まで幅広い年齢層の人が受診することが可能で、病気の早期発見に役立てることができます。

医療機関によっては食事が出るコースも用意されており、管理栄養士が監修して健康に配慮した食事の提供が行われます。人間ドックによる健康管理には、総合的なシステムに基づいて地域の医療機関と連携を取ることで予防から治療に至るまで継続性のある検査を行うことが大切です。人間ドックの受診を考えたときには、総合的な管理システムを利用して検査を受けられる医療機関が最適となります。日本人の死亡原因の1位はがんになるわけですが、その中でも肺がんが最も多いものとなります。

肺がんの早期発見に有効とされているものは、胸部X線検査ですが、どれだけでは見つかりにくい場合であっても高精度の医療機器を導入している病院であれば、数ミリ単位の小さな病変であっても発見が可能です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です